秋津エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 新秋津校へ!

menu

秋津エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 新秋津校へ!

みなさん、こんにちは!こんばんは!おはようございます!
英才個別学院の伊藤です!

突然ですが、わたくし伊藤ちゃん、高校時代は緊張に激弱でした!

というのも、高校時代に弓道をやっていたんですけども

練習では的中率90%overなのに、

試合になるとなんと!

的中率25%!!!

うそん…\(◎o◎)/!

勉強に例えると、

「確認テストは90点以上だったから~!」って自信満々で臨んだ定期テストが

25点だった…

みたいなことが頻繁にあったんですね。

そんな緊張に激弱だった私でも、あることがきっかけで

緊張に打ち勝てるようになったのです!

今回は私が緊張に激的に強くなった方法について、シリーズに分けてお話しします!

それでは参りましょう!

その①:ルーティンを設定する

ルーティンとは「決まった手順」「お決まりの所作」「日課」毎回決まって行う作業のことです。

少し前にラグビーの五郎丸選手が行っていたこのポーズが有名になりましたよね。


これもルーティンの1つです。

スポーツ選手をはじめ、いろんな方が自分なりのルーティンを持っているようですが、

中でも私が思うルーティンの鬼は、イチロー選手です!

イチロー選手の行っているルーティンで有名なのは、バッターボックスに入る際に行う
バットを片手で大きく2度回して立て、ユニフォームの肩をつまみ、バッティング体制に入る一連の動作ですよね。


↑これ、毎打席同じ動作を行っています。

これには実は意味があって、
どんなにストレスやプレッシャーを感じるときでも、「これをやる」という決まった動作があれば、自分の世界に入りやすくなり、
心が落ちつき動悸(どうき)もおさまって、最高のパフォーマンスを発揮しやすくなるのです!

イチロー選手は、バッターボックスに立つときだけでなく、靴を履くとき、自販機のボタンを押すとき、食事や使うバットやグラブを持つタイミングまで全てをルーティン化して取り組んでいるので、どんなにプレッシャーをかけられても最高のパフォーマンスを発揮できるのですね。

私はこれをマネして「靴は右から履く!」「自販機は同じ種類が並んでいたら一番左のものを押す!」とかやりました!(笑)
すると、なんとなくですが自分の気持ちをコントロールできるようになったんです!

ちなみに試合の日の朝には、必ずカレーパンを食べるようにしてました!
「カレーパン食べたから今日も絶対うまくいくわ~」と自己暗示も毎回かけました。
そしたらいつの間にか、練習通りの的中率を徐々に出せるようになったんですよね~。

私のような緊張して頭真っ白!になりやすい方は、
テストに向けて、試合に向けて、
日々の生活にルーティンを設けてみてはいかがでしょうか!?

それでは、また次回^^b

 

◇◇◇◇◇   お問い合わせはこちら   ◇◇◇◇◇
英才個別学院 新秋津校
TEL:042-399-6226
FAX:042-399-6227
MAIL: shinakitsu@eisai.org
教室HP:http://www.eisai.org/shinakitsu/

平日 14:00~22:00
土曜 14:00~20:00
日曜は定休です。

お気軽にご相談ください。
◇◇◇◇◇   ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇   ◇◇◇◇◇

※下のフォーマットからもお問合せいただくことができます。お気軽にご相談ください。

 

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 新秋津校 フェイスブック
英才個別学院 新秋津校 ツイッター
英才個別学院 新秋津校 YouTube チャンネル